トナー

男性

ビジネスで必須な設備

現代社会では、あらゆるビジネスでパソコンを活用する時代になりました。そして、それと同時にパソコンで作成したデータを印刷するために、プリンターもオフィスには必要不可欠な設備になっているのです。そんな、プリンターの印刷に必要なのがトナーというわけです。最近では、トナーも多様化しており、様々な種類のトナーが多くの企業によって開発されています。特に、京セラのトナーは人気で多くの企業から愛用されています。京セラのトナーは、メーカーのプリンターと合わせて活用することで、高速かつ安定した品質の印刷をすることができます。悩める企業を助けてくれるでしょう。

トナーについて

トナーとはコピー機や複合機で印刷する時に、使用されている粉末状の塗料になります。使用方法は専用のカートリッジに詰め込んで、プリンターに組み込みます。そして、印刷方法としては、静電気で印刷用紙にトナーを付着させてから、熱や圧力によって、塗料を定着させます。トナーカートリッジがついているプリンターは、主にレーザーの複合機やプリンターなどで使用されていて、インクカートリッジよりも大きいことが特徴になります。トナーはカートリッジの容量も大きいことから、大量印刷を得意としており、大量の印刷でかかるコスト削減の方法として最適です。

トナーとインクの違い

トナーとインクには、大きな違いがあります。その違いについて、知っておくといいでしょう。まず、違いの一つにおいて、素材が挙げられます。トナーの素材が粉体に対して、インクの素材は液体になります。トナーは粉体なので、大量印刷を掛ける際のコストを削減することができます。一方、インクは液体なため、コストはかかりますが、耐水性や耐光性が高く、写真などの印刷におすすめです。また、他にもプリンターでの印字方法にもトナーとインクの違いがあります。トナーの印字方法は熱による圧着方式に対して、インクの印字方法には噴射方式が利用されています。どちらもそれぞれメリットがあるので、自社にあった商品を選ぶといいでしょう。

純正トナーの存在

トナーにはプリンターごとに、各メーカーが開発している純正トナーがあるのをご存知でしょうか。
トナーは一般的に大きく分わけると『純正品』と『非純正品』の二種類になります。純正品は名前の通り、プリンターメーカーが指定しているトナーになります。逆に非純正品はメーカーが指定していない純正品以外のトナーになります。純正品はプリンターメーカーが指定するトナーなために、当然のこと、非純正品よりも品質が良く、安定した印刷をすることが可能になります。また、非純正品のトナーで印刷しているとプリンターが故障する原因にもなりますので、やはり純正トナーをおすすめします。